学校紹介

USP学校紹介

USP ESLは、2003年よりROLY POLY ESLとしてセブ大学付属のESLとして運営してきました。2009年よりUSP(南フィリピン大学)付属の英語学校として運営を開始し現在に至ります。 当校のテーマは未来へ繋がる「成長」。フィリピン留学はこれまで欧米の留学と比較をして、低価格というイメージが強く、実際の品質の高さはあまりフォーカスされてきませんでした。実際に教育学(英語)を専攻したフィリピン人講師の教師としての品質は欧米人講師よりも高いことが多く、こうした高いサービスを従業員一同共有し合うことで、生徒さんの成長、講師・従業員の成長、会社の成長につなげていきたいと考えています。 南フィリピン大学付属の英語学校としての特徴を最大限生かし、将来的に海外での就業経験に役に立つビジネス英語、大学での体験授業の参加をステップにした海外の高校、大学、大学院へのステップとしてのキャンパスライフの場の提供、より実践的な英語教育を目指していくことが最大の目標です。 社長挨拶 2012年より姉妹校である3D ACADEMYの経営に参加し、順調に成長を遂げることで2015年よりUSP ESL校に経営参加することになりました。 私が初めてフィリピン留学をした2010年のころは、まだフィリピン留学自体が日本でなじみがなく、一方でそのサービスとしてのポテンシャルを感じていました。これから2020年の東京オリンピックを踏まえ、フィリピンのセブ島から日本の英語教育の在り方に提言をしていきたいと考えております。 フィリピン留学が単なる英語教育の場ではなく、ボランティア活動、インターンシップ体験などを通じて、生徒さんが成長をできる場を提供するサービスだと考えています。その成長を講師、従業員だけでなく、私自身も成長していくことで支えていく所存です。 2015年3月吉日 代表取締役 藤木 秀行

Read all »

USP学校概要

学校概要 USPでは大学との提携を生かし、講師の採用にも独自のこだわりを持っています。ESLセンターで働いている80%以上の講師が教育学を専攻し、そのほとんどが教員免許を所持しています。 南フィリピン大学のキャンパス内に学校があり、フィリピンでの大学生生活を実際に体験することができます。 また、USPではより効果的に英語を修得するために、独自に編集されたオリジナル教材を使用しています。さらに4週間単位で担任 講師が変更となるサイクル制といった独自のシステムを採用しており、質の高い英語教育に対して学校独自のこだわりがあります。 USPは落ち着いて勉強できる環境を確保するために学生定員80名程度となっており、小規模校ならではのアットホームな雰囲気となっています。そのため、海外留学が初めての方でも安心して留学することができます。日本人スタッフは男性・女性の2名が勤務しているため安心のサポート体制の下、英語学習に打ち込んでいただくことが可能です。 また、日本人生徒の比率は年間を通して15~40%と国籍バランスが良い一方、日本人の口に合った食事が提供されていることも慣れない海外生活を過ごすうえで嬉しいポイントです。大学や学生寮(ホテル)周辺のLahugエリアはセブの中でも比較的治安のよいエリアとして知られており、徒歩3~5分近郊には生活必需品が揃うJYモール、外資系企業や有名レストランが集まるITパークが近く、非常に便利なエリアです。フィリピン料理レストランだけでなく、 日本食レストラン、西洋レストラン、マッサージ店も多数あり、留学で疲れた身体を癒すことができます。 USP ESL 運営会社 ROLY POLY ESL SCHOOL, INC 所在地 4F Augustuine Jereza Hall, USPF, Salinas Drive, Lahug Cebu City 6000Philippines 電話番号 +63.32.412.4892 学生定員 80 人 講師 約45 名 レベル数 6 段階 (Preparation ~ Specialized Advanced) 日本人比率 約15 ~ 40% (時期による) 日本人スタッフ ○(正社員、学生スタッフ) 日本オフィス 所在地 〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP […]

Read all »
Page 1 of 11

学校紹介


PAGE TOP